FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

「ジャズマンjazzmanジャズ専用のスピーカー」 について、徹底的に調べて書いた評価レビュー

「ジャズマンjazzmanジャズ専用のスピーカー」 について、徹底的に調べて書いた評価レビュー


こんにちは、上記の「ジャズマン Jazzmanジャズ専用のスピーカー」の購入を考えている者です。


ですが、商品が商品なだけに、安い買い物では無いので、事前に入念な調査をしました。


それについて、まとめがてらに、ブログとしてアップしてみました。


僕と同じように、購入を考えている人の役に立てれば嬉しいです。


では、始めます。



◎「ジャズマン jazzman ジャズ専用スピーカー」とは?


「ジャズマンjazzman」は文字通り、ジャズ再生に特化したスピーカーです。


スピーカー本体の奥行はなんと10センチほどの薄さです。


あまりの薄さに安定性に欠けるイメージがありますが、台座がしっかりしているので問題はありません。


一番気になる音質は、従来のスピーカーを凌駕する低音域の凄さ!


中低音域は非常に豊かで滑らかに響きます。


勿論、楽器だけではなく、女性ボーカルの歌声も美しく聴こえます。



ジャズ好きの愛情が注入された、ジャズ好きのためのスピーカーと言える代物です。



◎なぜ「ジャズマン jazzman」はジャズ専用と言えるのか!?



ジャズを聴くのに特化している“歪振動スピーカー”という独自の技術によるものだそうです。


公式HPや視聴会では、説明がありますが、にわかファンの僕には、正直ちんぷんかんぷんな内容でした。(僕のわかる範囲で調べた結果は下記の「ジャズマン jazzman」の特徴)にて記述しました。)


もしも、玄人の方で、「いや、是非、理論構造を知っておきたいな。」と言う人はこちらのジャズマンさんの公式HPでご確認下さい。

「徹底的に~」とか言いながら説明できず、すみません……。


でも、気を取り直して、わかる範囲で頑張って説明します。


ジャズの基本は4ビートジャズです。


その4ビートジャズは4ビート打つウッドベースの音が基本です。(これは、にわかジャズ好きの僕よりも詳しい人が沢山いると思うので、恥ずかしながら参考程度の情報です:汗)


このウッドベースの音が、従来の通常スピーカーに比べてかなりクリアに再生できるという優れものがこの「ジャズマン jazzman」です。



この「ジャズマン jazzman」スピーカーでジャズ音楽を聴くと、


「やっぱりジャズの基本は低音だね~。」


ということを音が教えてくれます。


このウッドベースは、低音再生に特化しているので、ジャズ音楽の良さがかなり向上します。


臨場感が素晴らしく、生々しく、美しい低音を体感できるます。



「ジャズ専用」とありますが、勿論ジャズ以外の音楽を聴いても、その違いに驚く程です。


◎「ジャズマンjazzman」の実力を従来のスピーカーと価格で比較



色々なスピーカーを捜し歩き、視聴してみても、この「ジャズマンjazzman」を脅かすくらいの音質と実力はなかなか見つかりません。だから、購入を真剣に考えて調査しているんです。


従来のスピーカーで同レベルの音質を得ようとすると、正直、数百万円クラス以上のスピーカーでないと……と思い、感じるくらいです。


それほど、この「ジャズマンjazzman」が凄いスピーカーと言う印象なのです。


低音の再生に限らず、スピーカーの音質にこだわりを持つ人は、一度、この「ジャズマンjazzman」を検討してみるべきです。


◎jazzmanの特徴


この「ジャズマン jazzman」の最大の特徴は、低音を出すウーハーの構造です。


楽器が音を出す仕組みを参考にした構造。それが『歪振動』


「バスレフ型やホーン型のスピーカーを超えた」とまで強気に豪語する「ジャズマン jazzman」開発者の丸山さん。


その丸山さんが開発し、命名した「歪(ひずみ)振動スピーカー」という構造にその秘密があります。


楽器が音を出す仕組みを研究・分析し、そこから得たヒントから

「楽器が音を出す仕組みや原理と同じように音を出すスピーカー」を開発したそうです。それが、この「ジャズマン jazzman」です。


★つまり、スピーカーそのものが楽器のような存在になる★


楽器と同じような発音構造になっていて、そこから音を出しているとなれば、もうそれはほとんど「そこにある楽器から音が出ているようなもの」です。

単純な説明ですが、これ以上の説明の仕方が見つかりませんでした。


◎音質について◎

実際にその音はどうなのか?


音楽家兼評論家の大塚康一さんが「ジャズマン jazzman」のスピーカーで実際に音を試聴した感想が26年12月20日発売の「CDジャーナル(15年1月号)」に載っているので、引用して紹介します。

・周波数特性からは、従来のスピーカー(ウーファー)を凌駕する低音域の波形が見て取れる。

・確かに、ベースの音程やアタック感が良く出ている。中高域は逆にもう少し前に張り出してもよいのではないかと思ったが、中低域は非常に豊かで滑らかだ。

・楽器だけでなく、女性ヴォーカルも美しい。

・失礼ながら、予想以上によい音に驚いた。

★丸山氏(開発者)のジャズに対する愛情が結実した、注目すべきスピーカーである。

として結ばれています。

(CDジャーナル15年1月月号より抜粋、引用)


◎「ジャズマン jazzman」の周波数特性


公式サイトに掲載されている情報によると、周波数特性は以下のように公表されています。

wave1.jpg


またウーファーの周波数特性はこちら。

wave2.jpg



参考 アタック低音を生々しく再生する、ジャズを聴くスピーカー:ジャズマン


にわかの僕ですがその違いは一目瞭然です。聞けば一耳瞭然でした。


オーディオフェアへ出展した際、ジャズピアノを弾かれる方からは

「これ以上ちゃんとベースが聞こえるスピーカーは無いですね。本当に生の音そのものですね。」

「低い音を聞こうと思わなくても聞こえてくる。」

と好評の声をいただいたとのことです。


◎厚さ10センチ!特許取得済み


これだけの評価を得ている低音が、厚さ約10センチのスピーカーから出ているだなんて、驚きです。


なんでも、この歪振動スピーカーの原理は、有名なスピーカーの原理・技術を参考にしながらも、これまでにはなかった新しい技術を開発してできたものだそうです。

特許は既に取得済みだそうです。
少し大きい文字

つまり、この薄さで、この音質は「ジャズマンjazzman」でしか得られないという事です。

◎純日本製


しかも製造は一台一台、日本人の木工芸職人さんによる手づくりの受注生産だそうです。


「ジャズマン jazzman」さんの公式HPでは


「ちょっと聞いただけでわかる、従来のスピーカーとは次元の異なる音」


とまで書かれています。

オーディオ玄人さんが聞けば「ずいぶん強気に出たな」と思われそうですね。ですが、それだけの自信があっての発言と思います。

良いオーディオ機器って値段が百数十万円するものも珍しくなく、僕のように、お金をかけられない者だけど、音質が良いのが欲しい。という人からすると凄く気になりますよね。


ちなみにお値段 420,000円です。(高音用スピーカーは某高級スピーカー採用のものと同じものが使われているとのこと)

やはり、安い買い物では無いです。

うーん……。

だけど、他の百数十万円のスピーカーはちょっと無理だしな……。


うーん。


と言うのが、僕の現状です。


多分、購入を検討している方は僕と同じような状況だと思います。


一緒に悩みましょう!


「自分へのご褒美」

とかいう甘い囁きと

「お財布状況」

を冷静に考えて決めましょう。


衝動買いではなく、正しい知識、評価、評判を調べてから買いましょう。


そうして吟味に吟味を重ねたうえで買った後には、物凄い満足できる結果があるでしょうから。


では、以上が、「ジャズマン jazzman」を購入検討中の僕が調べた事を元に書いた「ジャズマンjazzmanジャズ専用のスピーカー」 について、徹底的に調べて書いた評価レビュー

でした。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。





ブログ「あ、それイイね。」さんのブログページ

「英会話教室、教材を比較して分かった良し悪し」さんのブログページ


「頭痛専門治療院 本八幡リカバリーオフィス」さんのホームページ
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

monokaki0307

Author:monokaki0307
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。